ネイリストに興味がある方はまずは無料資料請求

ネイルスクール無料一括資料請求

ネイリストになるにはどうしたらよいのか?

ネイルスクール・通信講座」の無料資料請求「ネイリストになるにはどうしたらよいのでしょうか?」

シンプルですが核心を突いた質問をいただきました。

まず前提としてお話しておきたいことは、「ネイリストは誰でもなれる」ということです。「私は今日からネイリストだ!」って思っただけで、その時点からネイリストなんです。これには驚かれる人もいるかもしれません。

なぜなら「ネイリスト」という国家資格はないためです

ネイリストの資格は民間資格 取得しておいて損はない

「ネイリストの資格ってよく聞くよ」

そう言われる方もいるかもしれません。それはあくまでも現実問題としてネイリストの資格を持っていたほうが便利

チップを飾るネイリストの資格は持っていなくても、ネイリストとして活動することができるわけですが、現実問題としてネイリストとして活動していくのであれば、どこかしらの民間団体の資格を取得しておいた方が良いでしょう。

特に日本で有名なネイリストの民間団体は「日本ネイリスト協会」通称「JNA」です。

この協会で行っているのが「ネイリスト技能検定試験」「ジェルネイル技能検定試験」です。これらに合格することで、合格証書として「ディプロマ」が発行されます。この合格証書がいわゆる「ネイリストの資格」という扱いになるのです。これにより、どの程度の技術を持っているのか分かるようになるわけです。

ネイルサロンの求人募集では「ネイリスト技能検定2級以上」「ネイリスト技能検定1級」等と明記しているところがあります。持っていないと基本的には採用されません。そしてJNA加盟サロンが全国に数多くあります。JNAの資格保持者でないと働くことができないことがあります。

このようなことから、ネイリストとして活動していくのであれば、ネイリストの資格を取得しておいた方が、何かと都合が良いのです。

ネイリストの資格を取る為に

代価テキスト以上のように、現在の日本ではネイリストの資格を取得しておいた方が、ネイルサロンでは働きやすいとされています。特にJNAが主催している「ネイリスト技能検定試験」「ジェルネイル技能検定試験」の資格を取得しておいた方が良いでしょう。できることならネイリスト技能検定の場合でしたら「1級」を持っていたほうが良いです。

では、これらの資格を取得するためにはどうしたらよいかというと、大まかに3つの方法があります。

資格を取得するためには、試験に申し込めば誰でも受験することができます。ただし段階を追うことになります。1級~3級まであり、3級に合格できたら2級。2級に合格できたら1級と言うことになります。

そのため、全く資格を持っていない人でも、3級を受験することはできます。もし3級に合格できたら2級を受験することができます。2級が合格できたら1級。

こんな感じで資格取得をすることは可能ではあるのですが、そう簡単ではありません。多くの方がネイルスクールで200時間以上練習をして、その上でやっと合格できるかできないかの世界です。

このようなことがあり、将来、本格的にネイリストとして活動していくのであれば「ネイルスクールに通った方が良い」のです。正直、独学や通信講座レベルでは2級取得できるかどうかだと思います。

ネイリスト技能検定2級ではサロンで採用されないのか?

なぜ認定講師になりたいのかネイリスト技能検定2級を持っていれば、採用してくれるサロンは沢山あります。

しかし1級取得者とは大きく技術の差が出てしまう現実があります。ネイルサロンはお客様相手ですので、お客様からしてみても技術が上のネイリストを指名するようになります。

そうなれば、ネイルサロンとしたら、お客様が付いているネイリストの方を大事にするようになっていくことでしょう。

このようなこともあり、長い目で見てお客様の取れるネイリストになる為には、それ相応の技術力が必要となり、それはネイリスト技能検定1級を持つことで実現しやすいのです。

ネイリストを本気で目指すならネイルスクールに通った方が良い

ハローワークでネイルの資格を取れるのですか?色々説明してきましたがまとめますと、「将来的にネイリストで本格的に活躍したいならネイルスクールに通い、ネイリスト技能検定1級を取得した方が良い」と思います。

確かにネイルスクールの金額はかなり高額です。しかしそれだけのお金をかけてネイルスクールに入学し、200時間以上も技術を磨いている人が沢山いるのです。

本物の技術を持ったネイリストにならないと、なかなか生き残ってはいけません。

このようなこともあり、基礎からじっくりと学べるネイルスクールで学ぶことは必要なことだと考えます。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ