ネイリストに興味がある方はまずは無料資料請求

ネイルスクール無料一括資料請求

私を幸せにしてくれるネイルストのお仕事

私を幸せにしてくれるネイルストのお仕事「なぜネイリストになったの?」

そう聞かれることがあります。実はそんなに深い理由があるわけではないのですが、敢えてあげるなら「細かい作業が好きだった」と言うことでしょう。

独学でネイルの勉強

私は日頃子育てをしている主婦です。子どもが小学校に通うようになり、自分の時間を少しずつ持てるようになりました。なので、何かやってみたいという思いがあり、すぐに思いついたのがネイルでした。子どもが小学校に行き始めたからと言って、長い時間自分の時間を取れるわけではありません。家事もしなければなりません。なので、スクールに通うのは厳しいかと思い、まずは独学で始めてみることにしました。

元々ネイルが好きだったので、多少の知識はありました。その知識の中でジェルネイルの持ちが良いというのは知っていたので、まずはジェルネイルの勉強を始めることにしました。

まずは、基本的な知識をおさらいしようと、インターネットや書籍で基礎知識を勉強しました。結構知っているつもりでも「へぇ~そうなんだぁ~」と言うことが結構ありました。その後、ジェルネイルに必要とされる材料を通信販売で揃えました。

その後、爪を整えるところから始め、甘皮の処理の仕方を学び、実際にネイルするといった感じで段階を追って進んでいきました。練習の中で特に難しいと感じたのは、「人の手にネイルすること」です。

ネイリストを目指すのだから人に手にネイルするのは当たり前なのですが、初めのうちは非常に苦労しました。練習をするまで気にしていなかったのですが、人によって爪の形や大きさ、そして硬さが全然違うのです。始めのうちは数名の友人に協力してもらい、とにかく練習を繰り返しました。

苦労したことは多いのですが、施術するときはやっぱり楽しいです。どんなカラーやデザインにするのか始めにある程度決めるのですが、途中で変更したりしながら楽しんで施術をしていました。徐々に出来上がっていく様子を見るのも楽しいですし、出来上がった時は何とも言えない充実感、そして感動があります。

1週間限定のネイルスクールでディプロマ取得

私の場合は完全に独学で勉強したので、とくにネイルスクールでもらう資格というか証明書と言ったものがありませんでした。これだと、お客様からしてみると分かりにくいんですよね。資格があったりすると「ネイリストの資格を持っているんだな」と分かってくれるんです。

技術はあっても資格がないとお客様を取り辛いと感じた私は、通信教育を考え始めました。そう思っていた頃、知り合いの紹介で美容師さん限定のネイルスクールの誘いを受けました。期間は1週間。私は美容師ではなかったのですが、直前に欠員が出たらしく、たまたまそこに入れてもらうことができました。

1週間のネイルスクールでしたが、大変勉強になりました。独学で身に付けていた技術や知識ですが、やはり独学な分、欠如しているところもあり、あらためて勉強しなおせたという感じでした。また、欠如したところを補えた分、自信を持つこともできました。

そして1週間のネイルスクールが終わった時、卒業証書をいただくことができました。ディプロマと呼ばれているものです。これにより「お客様への証明」ができるようになります。そのため、自宅でネイルサロンができるように準備を始めたのです。

自宅の一角をネイルスペースに

家族と相談しリビングの一部をネイル専用スペースにしました。練習の時に付き合っていただいた友人を中心にスタートし、そこから友人の紹介、そしてその方々の紹介でお客様が増えてきました。

個人で行っているので時間的に融通が利きます。そのため、朝早くしか来れない、もしくは、夜しか来れないお客様の対応も柔軟に行うことができます。これは大手サロンにはできない個人経営ならではの私の武器だと感じています。

家族の協力の元、好きな仕事ができるのことは幸せなことだと感じ、これからも続けていきたいと思います。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ