ネイリストを目指すならまず現実を知ってください

ネイリストを目指すならまず現実を知ってください

子供のころから大好きなネイル

子供の頃から、ネイルが大好きでポリッシュを集めては、よく塗っていました。

当時は今のようにジェルネイルが主流ではなく、おもにポリッシュでセルフネイラーが多く子供ながらに将来これを職業にしていくのはどうなのだろう?と思い、ネイリストになりたいと思ったことはありませんでした。

大人になるにつれてネイル業界もジェルネイルがメインになり、自分の中で「ネイルは趣味でいいや…。」と思っていた気持ちが、どんどんネイルに惹かれていき、「ネイリストになりたい。自分ならネイリストとして成功できる。」と思い、ネイリストを目指すようになりました。

他の生徒には負けたくない

まずスクール選びですが、地元で一番有名なネイルスクールをネットで検索して、資料請求をしました。そこから自分なりにいろいろリサーチをした上で、体験授業と説明会に参加しました。

初めて訪れたスクールがとてもキラキラしていて魅力に溢れていたことを、今でも鮮明に覚えています。体験授業、説明会には、私を含め3人の方がいました。

最初にコースや料金、授業形態や資格などの説明を受けました。その後、ウォーターマーブルの体験授業を受けました。高卒で専門学校に憧れていた私にこの初めて受けた授業は、とても楽しく幸せな瞬間でした。

体験授業を受けながら、スクールの先生から私たちに「なぜネイリストになりたいと思ったのですか?」と質問を受けました。私以外の2人が、「キラキラして華やかな世界に私も居たくて。」「友達が自宅サロンを初めていいな~と思って。」と話していました。

こんな理由でネイリストを目指すということに、ようやく一歩踏み出してこの場に辿り着いた私は不快感で、「絶対に負けたくない!」と思いました。こんな理由の人達の前でネイリストになりたい気持ちを話したくないと思い、気持ちを正直に話しませんでした

この時の気持ちは今でもネイル業界で上を目指そう!という向上心を与えてくれています。
その後個別の相談会で、詳しい料金についてやスクールローンについて相談しました。ローンを組めるとはいっても金額が大きく、当時派遣でいつ契約が切られるかわからない状況の私には、すぐに決めることができませんでした。

やはり入学を決意した

それからしばらくたってもやっぱりネイルに対する想いが消えることがなく、ネイリストになりたい気持ちが強くなっていくばかりで、体験入学からちょうど1年後ようやく決意を決め、ネイルスクールに入学しました。

スクールはだいたいの人が仕事をしながら通っているので、授業時間が曜日によって違いますが、平日は21時までやっていました。スクールが休みの日は祝日しかなかったので、スケジュール的にとても通いやすかったです。自宅からネイルスクールまでは、車で約一時間程でした。

検定のための講座と費用

入学してしばらくは座学をしました。決められた授業時間を終えるとようやくネイルの実技に入ります。私はプロネイリストコースだったので、ネイリスト検定3級の実技から始まりました。まずは道具のセッティングから、消毒→削り→塗りと学びました。

一通り教わると後は試験に向けて、モデルさんを使いながらひたすら練習です。検定が終わると次はネイリスト検定2級、ジェルネイル検定初級…と、どんどん授業→検定→授業→検定…と進んでいきます。うまくいけば入学から1年以内にすべての検定をとることができます。

この間にかかる費用がかなりあります。練習量に合わせて道具代もかなりかかってきます。モデルさんの交通費や食事代、お礼などにも結構なお金がかかります。そして何よりも試験代が高いです。受験する級が上がるに連れて料金もかなり跳ね上がります。

それと私の通っていたスクールには、駐車場がなかったので駐車料金もスクールに通うたびに発生します。学費がローンの金利を含めて約150万円、それに検定代、道具代、交通費で入学前に考えていたよりもかなりの費用がかかりました。

受講期間は、入学から一年半ですべての授業時間を終わらせる必要があります。私は自宅からスクールが遠かった為、おもに土日に通うスタイルで、朝の授業開始の時間10時~最後の授業の18時まで一日授業を受けていました。

スクールに通う日も授業時間も自分の生活に合わせることができたので、仕事をしながらでも余裕を持って通学できました。受講期間が終わっても資格を取るまでのサポートがしっかりしていたので、ネイル検定1級、ジェル検定上級、ネイルサロン衛生管理まで資格を取得することができました。

今、現在の仕事

すべて資格を取り終えた今現在は、残念ながらネイリストの仕事には就いていません。これもネイリストのリアルな現実なのですが、地方でネイリスト一本で生活していくことは、なかなか厳しいことなのです。

一人暮らしをしながら自分で生活していくには都会にでないといけません。実際地方のネイルサロンで働いている人はバイトを掛け持ちしたり、主婦だったりでなかなか厳しいのが現実です。

ですが私は、地方でも世代、年齢問わずにたくさんの方にネイルの良さを知ってほしいと思っています。そのために都会にでて活動するのではなく、地方で頑張って活動していきたいと思っています。

副業としてのネイルの仕事

日々の生活があるので今のところは副業として、出張ネイルをしています。スクールを卒業しても講師の先生方と仲良くさせてもらっているので、イベントなどがある時はスクールのスタッフとして協力もしたりしています。

コンペやコンテストにも出場してネイリストとして腕を落とさないよう、技術向上できるように勉強をしています。今はこんなことくらいしかできませんが、地道な活動がいつかは実を結ぶと思っています。夢はこの私の住む小さな街にネイルサロンを出すことです。

ネイリストになりたい人へ

ネイルスクールに入学しようか悩んでいる方に、アドバイスというかリアルなお話をしますと、ネイリストは華やかな仕事ではありません。

よく華やかで、派手な世界と思い入ってくる方がいますが、現実は全く違います。ネイリストは、人の粉まみれになると思ってください。甘皮処理したときのお客様の皮膚のカス、爪を削るときに出る大量のダスト。

一日に何度も使う消毒やアセトンなどで皮膚の弱い方は、荒れます。度重なる練習で場合によってはアレルギーを発症する人もいます。私自身をアレルギーを発症しました。

あと、とにかく毎日、毎日練習です。ネイリストになりたければとにかく粉まみれになって練習あるのみです。これがネイリストの現実です。華やかな世界と思い入学されてきた人たちは、この現実が嫌でスクールに来なくなったり辞める方もたくさんいます。そこを理解されたうえで良く考えていただけたら、と思います。

でも、私はネイリストになり世界が変わりました。“自分の選択は間違っていなかった。”と思います。

記事のタイトルとURLをコピーする

PAGE TOP