ネイリストに興味がある方はまずは無料資料請求

ネイルスクール無料一括資料請求

ネイリストの給料は安いのか?高いのか?

ネイリストの給料に興味のある方が多いようなので、もう少しネイリストの給料について詳しく説明したいと思います。

お給料の額としては妥当!?

ネイリストのお給料は一般的「ネイリストの給料」でも書いたように、ネイルサロンで働き始めたばかりだと額面で18万円程度です。これはネイルサロンによって異なるとは思うのですが、このくらいだと思います。

 

これを「高い」と考えるか「低い」と考えるか人それぞれ違うとは思うのですが、世間一般で考えると『ネイリストの給料は普通』ではないでしょうか。他の職業の給料とも比べてみます。

 

初任給
美容師約15万円
地方公務員約18万円
看護師約20万円
事務職約16.5万円
薬剤師約20万円
ネイリスト約18万円

例えば様々な職業の中間的な給与と言われている「地方公務員」の場合。始めてもらうお給料(初任給)は約18万円です。つまりネイリストと同じですね。公務員と同じと考えると悪くないと思います。

 

ただし、勤めるネイルサロンによっても異なってきます。

どういったネイルサロンに就職すれば良いですか?」にも掲載しましたが、ネイルサロンの数は年々増加してきていて、その中には労働環境が悪い(お給料が低い)場合もあります。その逆の場合もあり、「ネイルサロンの求人情報」に掲載しているように、自分で労働環境を選べる求人サイトもあります。

そのため、「ネイルサロンならどこでもいい」という考えにならず、しっかりと複数の候補から選んで就職・転職することをおススメします。もちろん、これはネイルサロンに限ったことではありません。「ブラック企業」という言葉が良く聞かれますが、賃金の安い会社はいくらでもあります。

そういった会社に就職してしまうと、再就職がなかなか難しいご時世のため、辞めるに辞められないと言った話を聞くことがあります。

しかしネイリストの良い所は、「手に職がある」わけです。万が一ブラックなネイルサロンに就職してしまい、明るい未来が待ってなさそうと判断したら辞めてしまい、独立することも可能です。手に職を持っている強さですね。

資格があれば給料アップということも

ネイリストの資格を持っていればお給料がアップすることもネイルサロンで働く人は大抵「ネイリスト技能検定」もしくは「ジェルネイル検定」の資格を持っています。これらの資格はどの程度の技術があるのかを図る物差しとなっています。ネイルサロンによっては特にこれらの資格がなかったとしても採用してくれるところもあるようですが、私がサロンのオーナーならやはり有資格者を雇うでしょう。

 

そして、これらの資格を持っていると多少給料が高くなるネイルサロンがあります。なにより、資格を持っていたほうがお客様への信頼度が高くなりますし、多くのお客様は「ネイリストは資格を持っているもの」だと思っています。やはり確かな技術がある方にお願いしたいですからね。

 

同じように独立するときにも資格を持っていたほうが、お客様への信頼度は増すと思います。なので、ディプロマ(合格証書)を飾っているネイリストも多いかと思います。

店長クラスになれば一気にアップ

店長クラスになれば一気にお給料の金額アップ店長クラスになれば給料は一気にアップします。私の場合は額面で30万円程度でしたが、ネイルサロンによっては40万円、50万円といったところもあります。

 

ちなみに私が店長になるのにかかった時間はたったの2年です。仕事をきちっとこなし、お客様に喜んでもらえるようなサービスをすれば、数年で店長になることは可能だと思います。あとポイントとしては「信頼を勝ち取る」といった所でしょう。

 

言われたことはきちんとこなすのは当たり前で、自分から行動をします。勿論、遅刻なんてしないようにします。社会人として評価されるようなことをしていれば、自然と評価は高まるものです。

 

たった2年で給料が30万円になるなんて、通常公務員ではないことですね。

開業すればもっとアップ

独立開業すればもっとアップ私の場合、収入を増やしたいから開業したわけではありませんが、自分で開業した方が「収入は増えやすいです」

 

しかし、お客様を増やす努力をしなければいけませんので、リピーターが呼べるような接客、宣伝などを行っていかなければいけません。

 

ただ、ネイリストの場合、利益率が高いので、お客さんからいただくネイル代金の約9割は利益となります。なので、1日に1人のお客様が来てくれれば、十分仕事として成り立ちますし、生活していけます。

 

そういった意味でも、どこでもネイルは出来るので、ネイルの技術を身に付けておくのは悪くない話だと思います。手に職があるということは良いことですよ。

可能性は無限大

独立することで可能性は無限大に広がるのがネイルの世界です。確かにネイルサロンで働いている段階では、思うようなお給料は貰えないかもしれません。しかし、それは将来の土台と考えたほうが良いと思います。

 

独立開業すれば、なんでも自由にできます。例えば、

 

  • ネイルセミナーの講師
  • ネイルの家庭教師
  • ブライダルネイル
  • イベントネイル
  • ネイルスクール開業
  • その他のジャンルとコラボ

 

と、少し考えるだけでもこれだけのことが可能です。一応相場と言うものがありますが、基本はあなたが価格設定をして、相手がそれを受け入れてくれればビジネスとして成立します。収入はいくらでも増やせるのです。そのためにはネイルの技術や知識もさることながら、人付き合いも大切になってきますし、効率の良い宣伝も必要になってきます。

 

このように考えると少し夢が膨らんできませんか?決して無謀な夢ではありませんよ。あなたのやる気次第です。

記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ