深爪矯正をするために人生初のネイルサロンへ

深爪矯正をするために人生初のネイルサロンへ

生まれて初めてネイルサロンへ

私は結婚した時、生まれて初めてネイルサロンを利用しました。

サロンを利用した理由は、元々爪の形に凄く不満があったのですが、ネットで深爪矯正をしてくれるサロンがあることを知ったからです。住んでいる地域にはサロンがいくつかありましたが、深爪矯正プログラムのあるサロンはごく一部でした。

なので必然的に、利用するサロンは深爪対応をしてくれる所になりました。

ネイルサロンは当然爪のキレイな人が行く場所だと思っていたので、最初カウンセリングに行った時は緊張しました。サロンの中を見ても色々なデコレーション素材などがたくさんありました。

元からキレイな人が更にキレイになるために利用しているという雰囲気が醸し出されていたからです。深爪を矯正するためにサロンに行く人なんて本当に少ないのかもしれないと思い、そこでもやはり不安になりました。

丁寧な問診とカウンセリングを受ける

しかし深爪を矯正したいという希望を伝えると、非常に丁寧に問診してくれたのはよかったです。

例えば爪を噛んだりむしったりする癖があるかとか、両親の爪の形はどんなものだったのかなどを聞かれました。

また、爪を酷使するような生活習慣があるかどうかについても聞かれました。それは例えば、爪の中に異物が入るような生活かとか、洗い物を多くする生活かなどです。

私の爪は生活習慣や遺伝的には問題がなかったのですが、いかんせん幼い頃から深爪をし過ぎました。なんでも祖父が爪の白い所は全てカットするような人でそれが当たり前だと思っていたので、私も知らず知らずのうちに深爪が定着していたそうなのです。

なので爪を毟る癖がありましたし、そのせいでササクレも多く指先はボロボロになっていました。カウンセリングの結果、深爪矯正プログラムを受ければ効果が出る可能性の方が高いということになりました。

もっとサロンに通ってみたい

その日は初回という事もあって溜まっていた甘皮の処理をしただけで終わったのですが、これがとても気持ちがよかったです。せっかくだから本格的にサロンに通ってみたいと思うようになりました。

カウンセリングの時は無理な勧誘はありませんでした。施術が終わった後に、イベント期間などはデザインネイルが安くなると冊子をもらったことがありましたが、強制するような雰囲気も全くありませんでした。

さて深爪矯正のやり方ですが、私の場合はまずは爪や甘皮周りを健康にすることから始まりました。今まで指先には全く無頓着だったので、爪も肌も弱くなっている状態だったのです。

爪が薄いと矯正に使われるジェルが熱くて使用できない場合があると説明を受けました。なので始めの頃の2,3回は、甘皮を丁寧に処理して爪の形を整えてマッサージをすることだけで終わりました。

この時はジェルは使用していないので、料金もかなり安かったです。

ホームケアでどんどん爪がキレイになる

その頃にネイリストから、毎日オイルや美容液を使ってホームケアをするのがオススメだと言われました。

特にフェアウェルという美容液はネイルベッドを成長させる効果があるそうで、私は後日それをネットで最安値のサイトを見つけて購入しました。

ホームケアを毎日朝晩続けた所、劇的にササクレが改善されました。今まではいつもどこからの指先が痛かったのですが、どの指もつるりとキレイに治っていたのには感動しました。

ジェルネイルを使った深爪矯正

サロンに通って2ヶ月ほど経った頃から、ようやくジェルを使っての矯正が始まりました。矯正に使うのはクリアジェルでした。

恐らく、ジェルネイルと同じような要領でやっていたと思います。最初のうちは爪にただ乗せる感じでしたが、本格的な治療の3回目くらいからは徐々に長さ出しを行うようになりました。

手を裏から見た時に爪が見えたことのない私にとっては、つけ爪のようなものとはいえ爪が長いのはムズムズするような不自然な感覚がありました。ジェルで長い爪を作っている時、両端を少し肌に食い込ませるようにしていたのが特徴的でした。

なんでも、私の貝爪は酷く癖になっている状態だったそうです。少し内側に丸まっている程度の方が標準的な爪らしく、横に広い私の爪をその形に固定して定着させようということのようでした。

最初のうちは違和感を覚えましたが、痛みもなく次第に慣れていきました。

施術時間と施術中の過ごし方

施術をする時間は1回につき1時間半未満、料金は1万円くらいでした。施術を受けている間は窓の外を眺めたり、後はぐっすり寝たりしていました。

毎回お茶を出してくれるので、それを飲んで過ごすこともありました。通っていたサロンについては、あまり不満はありません。

矯正プログラムがあればうれしい

立地的に家から離れていたのが気になりましたが、当時は地方に住んでいたのでそれも仕方がないことだと思います。深爪矯正はマイナーなジャンルなのかもしれません。

しかし、もう少し矯正プログラムをやってくれるサロンが増えたらより気軽に通えるのになと思いました。

ネイリストについても、こちらがゆっくり過ごしたいのがわかると黙々と施術をしてくれたので過ごしやすかったです。あまり話すのが好きではないので、静かなネイリストには好感が持てました。

h3>施術料金は高いか安いか…

施術の時間についても妥当なものだと思います。ただ料金については、もう少し安くなるとありがたいなといった印象です。

矯正ですと長く定期的に通うことになるので、その費用もかなりかかります。サロンに通う頻度は、ジェルが取れたりするようなトラブルがない限り3週間に一度でした。

矯正用の特別な機材を使用していたようにも見えなかったですし、ラメやカラーを使用するようなシンプルなジェルネイルのデザインよりも値段が高かった点が気がかりでした。

深爪矯正の効果

ただ、深爪矯正の効果についてはかなり実感できるようになりました。今まで恥ずかしくて人に見せられなかったボロボロで幅広の爪が、今ではマニキュアを塗ればつけ爪と間違われるくらいの縦長の美爪になりました。

ネイルベッドもどの指も1年間で5mm以上は伸びましたし、見た目もキレイになりました。サロンに通う前に自分の爪の写真を撮りましたが、伸びた時の形も全く異なります。

ジェルで矯正されたおかげで、爪がやや内巻きにして生えてくれるようになりました。厚みもペラペラだったのに、今では適度な強度があり二枚爪になる回数も減っています。

自分でネイルを楽しむ日が来た

昔、せっかくかわいいマニキュアを買ってもらったのに爪の形が不細工で全然似合わなかった悲しい思い出がありました。しかし、爪の形が整った今は、どんなマニキュアを塗っても素敵にキマります。

そうなると楽しいもので、インスタグラムやサロンのHPを見ながら可愛いセルフネイルを練習するようにもなりました。まさか汚い形の爪だった自分が、趣味でネイルアートをするようになるとは思いもしませんでした。

ネイルアートをすると、家族や初対面の人もネイルに気づいて褒めてくれます。自分の爪が人から褒められるなんて、今まで考えたこともありませんでした。

なので、初めて褒められた時は、最初は実感が湧きませんでしたが凄く嬉しかったのを覚えています。ネイリストには適切なホームケアの方法も教えてもらいましたし、爪に関する知識にも詳しくて色々と勉強になりました。

深爪矯正をやってみて良かった

もし一大決心してネイルサロンに行っていなかったら、ネイルアートをする楽しみなども未だにわからなかったし爪を人から褒められて嬉しい気持ちになることもなかったでしょう。

私にとっては初めてのネイルサロンでしたが、爪を矯正するために行ってみてよかったなと思っています。やってもらったプログラムは矯正のみですので、今度はアート目的で足を運びたいです。

記事のタイトルとURLをコピーする

PAGE TOP