ネイリストに興味がある方はまずは無料資料請求

ネイルスクール無料一括資料請求

ネイリストの給料

やはり「ネイリストのお給料」について、気になっている方が多いかと思いますので、紹介したいと思います。

初めはやっぱり高くはない!?

ネイリストの給料は初めは高くない勤めるネイルサロンによるのですが、入ったばかりの人のお給料は額面で「約18万円」です。私がそうでした。

ネイリストになる前に働いていた時には、額面で約25万円ほどだったので、一気に月収が減ってしまったわけですが、冷静に考えれば当然ですね。まだ入ったばかりの新人なので。

しかし、2年ほどして店舗の代表クラスまでになると額面で約30万円にまで増えました。店舗によってはもっともらえる所もあるようです。

また、独立、つまり自分が経営者になればもっと大きな収入を得ることも可能です。ネイリストの良い所は初期投資が少なく独立がしやすいことです。わずかなスペースを確保できれば出来てしまいます。そして収入のほとんどが技術料であるため、利益率が高いのです

なので、将来的に自分の力でどんどん収入を伸ばせるため、多くの方に人気のある職業とも言えるのです。

ちなみに他の職業と比べてみたネイリストの初任給です。

 

初任給
美容師約15万円
地方公務員約18万円
看護師約20万円
事務職約16.5万円
薬剤師約20万円
ネイリスト約18万円

 

この表を見る限りでは、他の職業と比べても給料の金額が決して悪くはないことが分かるかと思います。

もし現在ネイリストの方で、給料が18万円よりも大きく下回っていたり、もしくは下回っているのにもかかわらず、劣悪な環境で働いている方は、他のサロンへの転職を考えてみるのも良いかもしれません

給与アップを待つのも1つの手かもしれませんが、転職した方が手っ取り早く給料の金額を上げることができることも珍しくはないためです。

過度な期待はしない

ネイリストの給料に過度な期待はしないネイルサロンで働いている人が、なぜネイリストをしているかというと、当然「ネイルが好き」だからです。好きなことを仕事にしているわけですから、給与の額はあまり気にしていないようでした。

それよりも「ネイルを仕事で出来る!」という喜びを持っている人ばかりでした。また、世間一般から見ても初任給で「約18万円」というのは一般的だと思います。ただし、私の場合は約2年で額面「約30万円」ほど上がりましたが、全員がそうなるわけではありません。

中には、ほとんどお給料が変わらないという人もいました。なので、過度な期待はしないようにした方が良いかもしれません。ちなみにお店によって給料は異なりますが、店長クラスですと「約30万円~50万円」の給料をもらうことが出来ると思います。

参照⇒ネイリストの給料は安いのか?高いのか?

 

お給料が上がる人、上がらない人

ネイリストでお給料が上がる人・上がらない人「お給料が上がる人、上がらない人」の違いは、恐らくどの会社でも同じことが言えると思います。

ネイリストの場合、最低限必要とされる、そして周りのネイリストとの差が出る能力は以下の通りだと思います。

 

言われたことをしっかりする

「言われたことをしっかりする」のは勤めている人にとっては基本です。当たり前のことですよね。時に言われたことをやり忘れてミスをしてしまった時には注意をされてしまうかもしれません。でも、言ってくれるのですから有難いくらいです。言われたときは有難いなんて思わないものですが、後に自分がネイリストとして力を付けたときに、ハッと気づいたりするものです。

例えば、始めのうちは、どうしても雑用をしなければいけません。そういうものだと思って割り切ってください。誰かがやらなければならないことですし、それはネイリストとして必要なことでもあります。でも、ネイルサロンに入ったばかりの人は「すぐにお客様相手にネイルが出来る」と思ってしまうのです。

そんなことはありません。ネイリストとして優秀な人ほど雑用をこなしていますし、人の話を聞きます。

なので、言われたことはスムーズにこなし、誰もが一目置くようなネイリストを目指しましょう。また、上を目指すのであれば、言われていなくても気づいたことは積極的に行うと良いでしょう。そして上司や先輩の話には耳を傾けましょう。

たまに自分のオリジナルを出したくて、上司や先輩の注意を軽視し、勝手な行動をとってしまう人もいるのですが、なるべく避けたほうが良いでしょう。自分のオリジナルを出したり、意見を通したいと考えるのであれば、一日も早く実力を身に付け、周りに認められ、そののちに、自分のオリジナルを出すと良いでしょう。

お客様とのコミュニケーション

ネイル世界はとにかくリピーターの多い世界です。そのためお客様に「また来たい!」と思ってもらう必要があります。

ではどのようにしたら「また来たい!」と思ってもらえるのか?

それは『居心地の良い空間を提供すること』だと思います。居心地の良い空間を作り出すのは店側であり、接客態度であると思います。お客様は一人ひとり違います。その方に合わせた最適な対応が出来るかどうかが肝心です。そのためにもお客様とは積極的にコミュニケーションをしていかなければなりません。

積極的なコミュニケーションと言っても広い意味がありますが、基本的には「担当したお客様が何を求めているかを的確に判断し提供することが大事」です。

例えばネイルサロンに話をしに来ているのか?ただネイルをしたいだけなのか?話すとしてもどのくらい突っ込んだ話をした方が良いのか?など、お客様によって、そしてその日のお客様の気分によって対応の仕方は変わってきます。その辺りはどうしても「慣れ」が必要かもしれませんが、重要なことです。

遅刻をしない

社会人として当たり前のことです。

常に笑顔で元気

居心地の良い空間づくりに繋がるのですが、笑顔の接客は基本です。笑顔に気分を害すことはありませんからね。しかし、慣れていないと「笑顔」が出来ないものなのです。始めはぎこちなくても良いと思います。多少ひきつってしまっても良いと思います。慣れてくれば自然と笑顔になります。

好きでネイリストになったのですから、仕事を覚えて職場に慣れさえすればきっと自然に笑顔になれます。笑顔が苦手と言う方もいるかもしれませんが、心配しないでください。

ここに挙げたのは例ですが、ネイルサロンは接客商売です。ネイルの技術は当然必要です。しかし、お客様からしてみればネイリストが技術があるのは「当たり前のこと」なのです。

そのため、最低限として「お客様を喜ばせる技術」、それプラス「居心地の良い空間」を提供できれば、指名数も増え、昇格しやすくなり、お給料がアップしやすくなると考えます。

気を付けてほしいこと

気を付けてほしいことここまででお話した内容はは、あくまでも「私の場合」です。なぜ、このようなことを言うのかというと、ネイルサロンの中には俗に言うブラックなサロンがあるのです

なるべくコストを削減しようとして、使っている道具やサロンの設備、更には人件費といったコストカットができそうなところは、どんどんカットしていくサロンもあるようです。そういった所もあり「独立」を考える人も多いのかもしれません。

なのでサロンで働き始める前には、必ず「いくら給料がもらえるのか?」を確認するようにしてください。しっかりした会社としてネイルサロンを経営しているのであれば、契約書を交わすはずです。

「契約書が欲しいなんて図々しく思われるかもしれないし、言いづらい・・・。」

そう思われる人もいるかもしれませんが、働く上で自分を守るためにもとても重要なことです。また、契約書をしっかりもらっていれば安心して働くことができますし、仕事に本気で打ち込むことができます。また、しっかりしているお店であれば、向こうから労働契約書を渡してくるはずです。

あとインセンティブ制度を設けているところも注意です。最低の給料があり、ネイルをしたお客様の数の分だけ報酬を上げていくといったものです。一見良さそうに聞こえますが、まったくお客様の来ないサロンだとしたら、まともにお給料をもらうことができません。毎月の収入にバラつきも出てしまうため、私個人としてはおススメできません。

働く上でお給料は重要なことですので、必ず確認をするようにしましょう。

本気で稼ぎたいなら独立した方が良い

本気でネイリストとして成功したいなら独立私は現在ネイリストとして独立していますが、本気でお給料を増やしたいと思うのであれば、やっぱり独立した方が良いと思います。独立をするということは全ての責任を自分が負うことになります。上手くいかなかったら自分の責任になりますが、成功したときの見返りは大きいものと言えます。

ただでさえ、ネイリストは利益率の高い仕事ですので、特定のリピーターを抱えることさえできれば、安定して利益を出すことができます。

私の場合は、自分の自由な時間を確保したいと考えているため、毎月若干セーブしながらお客様を取ることにしています。セーブした状態で、十分に生活するだけのお給料を取ることができますので、独立をして良かったと思っています。

ネイルサロンでの経験はとっても大事

ただし、サロンで働いた経験を多少持っていた方が良いと思います。常に指名が取れるくらいの力のあるネイリストになってから独立しないと、すぐにお店をたたんでしまいかねないと思います。

そのため、ネイルスクールを卒業したばかりや、ネイルの資格を取ったからと言って、いきなり開業するのは避けたほうが良いかもと思います。まずは自分が本当にネイリストとしてやっていけるのかを自分自身で確かめてみて下さい。そしてサロンのノウハウを学んでください。独立したときにきっと役に立ちます。

独立するのは簡単です。ただし継続させること、そして成功させることはそれなりの努力が必要です。努力すればその見返りは、サロンで雇われていた頃の比ではないと私は思います。


記事のタイトルとURLをコピーする

このページの先頭へ